『今すぐお金を借りたい!』、『即日でキャッシングを利用できる会社はないの?』

そう思っている方におすすめのキャッシング方法と借り入れの具体的な手順を解説していきます。当サイトでは、安心して利用できる信頼度の高いキャッシング会社のなかでも、即日融資に対応している会社をランキング形式で紹介しています。

お金を借りると言うことに抵抗がある人や、お金は必要だけどハードルが高そうと思っている人はぜひじっくり読んでみてください。想像以上に簡単な手続きと有利な条件で借り入れをすることができるかもしれません。

融資スピードで選ぶならプロミスかアコム

なるべく早くお金を借りるなら?という視点で、当サイトがおすすめのキャッシング会社を厳選しました!

プロミス

プロミス
実質年率 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間融資

プロミスの詳細はこちら

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間

アコムの詳細はこちら

とにかく少額でいいから早く借りたい!という場合には、プロミスがおすすめです。申し込みから最短1時間での借り入れが可能で、実際に利用した人の口コミを見てみても迅速なサービスを評価する声は多いです。さらに、国内の大手キャッシング会社のなかでは、もっとも低い金利であり、スピードとコスパどちらをとっても現状国内でもっとも優れたサービスであることは間違いないでしょう。

一方、アコムも即日融資に力を入れている会社として有名です。金利面ではプロミスに軍配が上がるものの、スピードではプロミスと同等かそれ以上と評価する声も少なくありません。また、女性専用ダイヤルなどが設置されていることから、女性の場合にはアコムを利用するのもおすすめです。

即日キャッシングをしたいなら消費者金融がおすすめ

結論から言うともっとも早く借りられるのは消費者金融です。申し込みから借り入れ完了までのスピードを重視した場合には消費者金融よりも早いところはありません。

特に、近年即日キャッシングに力を入れているのが大手消費者金融です。日本で大手と呼ばれている消費者金融は『アコム』『プロミス』『モビット』『アイフル』などがありますが、ここに挙げた4社はいずれも審査スピードや借り入れ完了までのスピードを重視しています。(この4社の中でも借り入れスピードには若干の違いがあります)

キャッシングの王道である銀行と比較すると、消費者金融の審査スピードは比較にならないほど早いです。銀行系キャッシングの多くが審査に1週間以上の時間がかかるのに対し、大手消費者金融の多くは最短即日(当日中)、遅くとも3日以内というところがほとんどです。

ちなみに、消費者金融=サラ金と聞くとあまり良い印象を持たない人も多いですが、これは多くの方が勘違いをしています。消費者金融のなかでも即日融資に力を入れている大手消費者金融を運営している大元の会社はいずれも日本を代表する金融機関です。

東証1部に上場しているような大きな金融機関がバックについていることで、安定的な融資と柔軟な借り入れを可能にしているのです。

大手消費者金融では最短30分で審査完了

上で『大手消費者金融は即日融資に力を入れている』と書きましたが、具体的にどれくらいの期間でお金を借りることができるのでしょうか?

大手消費者金融のなかでも特に審査スピードに定評があるプロミスを例にとってみます。

プロミスの場合、インターネットからの申し込みであれば24時間365日いつでも受付をしています。ネットから申し込んだ場合であれば、この申し込みから最短30分ほどで審査が完了し、借入可能額を通知してもらうことが可能です。

銀行などであれば1週間以上待たされることもある借入審査が、わずか30分で完了してしまうというのは凄いことですよね。

審査に問題がなく、無事通過した場合には振込による借入が可能です。審査自体に通過しているのであれば、あとは希望額を伝えて振り込んでもらうだけですので面倒な作業は何もありません。

審査スピードの具体例についてまとめると、プロミスの場合は以下のようになります。

  • 審査完了=最短30分程度
  • 振込=最短1時間程度

あくまでも最短ですので、この時間の目安は申込内容に不備がなく、審査が順調に進んだ場合の話です。ただ、Webからの申し込みの場合には平均して2~3時間程度で借り入れが完了するというデータもありますので、とても速いことには変わりありませんね。

即日キャッシングの流れを具体的に見てみよう

即日でキャッシングを利用したいという場合には、Webからの申し込みがおすすめです。深夜であっても審査の受付をしているため、急遽お金が必要になったという場合であっても対応してもらえます。

Webから申し込んだ場合には、上のプロミスの例で紹介したように『申し込み』→『審査』→『借入』の3ステップが一般的なキャッシングの流れになります。ただ、『本当にこの3ステップがそんなに早く完了するの?』という疑問や、『申し込みのところでめんどくさい記入を求められたり、確認書類を提出させられたりするんじゃないの?』という不安をいだいている人も多いと思います。

そこで、よりイメージしやすいように『申し込み』→『審査』→『借入』という3ステップについて、それぞれどのような内容なのか簡単に見ていくことにしましょう。

申し込み

プロミスやSMBCモビットなどの大手消費者金融では、2通りの申し込み方法を用意しています。

1つはWebで簡単な必要事項を記入して申し込み、その後コールセンターのスタッフと電話でやり取りを行いながら審査申し込みまで進めていく方法です。もう1つは、申し込みから審査完了までの全工程をWeb上で完結させる申し込み方法です。

自分の好みに合わせて好きな方を選べばいいですが、電話でのやり取りを面倒だと感じる人も多く、実際にはWeb上ですべてを完結させる申し込み方法の方が人気のようです。

さて、気になる申し込み段階での記載内容についてですが、Webと電話で進めていく申し込み方法の場合にはWeb上で記載する内容は本当にごくわずかです。実際に以下でプロミスとモビットの入力画面を見てみましょう。

まずはプロミスです。プロミスでは以下のような入力画面に必要事項を記載していきます。

プロミスの場合

このほか、希望の借入方法やメールアドレス、折り返しの電話を受ける希望時間帯などを入力するだけです。

同じく、モビットの場合も見てみましょう。モビットは以下のような入力画面に必要事項を記載していきます。

モビットの場合

入力内容に関してはモビットもプロミスとほぼ同様です。一見モビットの方が入力項目が少ないように感じますが、このページが3つ用意されているため、全体的な入力項目数としてはほとんど変わりません。

一方、すべてをWeb上で完結させる申し込み方法の場合には、上で紹介した入力内容に加えて『勤務先の社員数』や『最終学歴』、『健康保険証の種類』、『業種』、『家族構成』などの項目が追加されます。

もちろん電話を伴う申し込み方法よりも入力内容は増えるのですが、それでも実際に入力してみた体感でいうと5分もあれば全て入力できるくらいの分量です。これはモビットも同様ですね。

また、Web完結での契約を希望の場合には本人確認用の必要書類を専用のページにアップロードします。本人確認書類をスマホなどで撮影し、それを案内に従ってアップロードすればOKです。

ちなみに、各社公式ページ内でも注意書きをしていますが、気を付けてほしいのがWeb申し込みの受付は24時間だけど、電話対応は時間が決まっているということです。プロミスやモビットで、Web申し込みと電話でのやり取りが必要な申し込み方法を選択した場合には、9時~21時までしか電話対応をしてもらえません。

つまり、深夜でもWeb申し込みはできるけど、折り返しの電話がかかってくるのは9時~21時の間だということです。このようなことも、Web完結型の申し込みが人気の理由だといえるでしょう。

審査

申し込みが完了すると、自動的に審査が始まります。審査開始から審査結果がわかるまでの時間は人それぞれ違います。すでに紹介したように最短は30分程度ですが、内容に不備があったり、審査が順調に進まない場合には長引くことも珍しくありません。

この審査結果までの時間は本当に人それぞれなので安易に具体的な数字を挙げるのは難しいのですが、1~3時間程度で結果が返ってくるのが一般的とイメージしておくといいかもしれません。

また、審査結果の連絡方法についてですが、各社『電話』か『メール』を選べるようになっています。家族と住んでいてバレたくないなどの事情を抱えている人のために、電話での連絡は非通知かつ匿名でかかってきますが、おすすめはやはりメールです。メールの方が時間帯に関係なく審査結果を見逃すこともないので、安心です。

借入

無事審査に通過し、契約が完了したら借り入れが可能になります。ここからは面倒な手続きは何もありませんので、希望額を指定の口座に振り込んでもらってください。

最短最速での借り入れを希望している場合には振込が便利ですが、後日カードが発行されればコンビニなどの提携ATMで24時間キャッシングが可能になります。

審査に必要な書類は事前に揃えておくことが大切

できるだけ審査をスムーズに進めるためには、必要書類をしっかりと不備なく用意しておくことが大切です。個人情報などに不備があって審査がスムーズに進まないという人もなかにはいますが、時間がかかってしまう人の多くはこの必要書類に不備がある場合がほとんどです。

大手消費者金融では、印鑑や保証人、担保などはまったく必要ありません。そのかわりに、最低限の本人確認書類を提出する必要があります。

本人確認書類として使えるものは各社若干の違いはあるものの、おおむね以下の通りです。

運転免許証を持っている場合には、免許証1枚でOKです。

もし、免許証を持っていないという場合にはパスポート、もしくは健康保険証と住民票の組み合わせで本人確認書類とすることが可能です。

借入希望額が50万円を超える場合には収入証明書類も必要

申し込み時に借入希望額を記載しますが、その希望額が50万円をこえるばあいには収入証明書類の提出が必要になります。

また、50万円を超えない場合でも、すでに他社からもお金を借りていて、その借入金額と希望借入額の合計が100万円を超える場合にも収入証明書の提出が必要になってきます。

収入証明書類として認められているものも各社若干の違いはありますが、以下の3つが代表的です。(すべてではなく、3つの中から1つ提出すればOKです)

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

即日キャッシングする上で押さえておきたい消費者金融の選び方

なるべく早くキャッシングを利用するために押さえておきたいポイントは以下の4つです。この4つを最低限満たしている消費者金融を選ぶことで、迅速な借入が可能になります。

  1. 即日融資に対応しているところ
  2. 大手で信頼性のあるところ
  3. 申し込みのしやすさ
  4. 低金利や無利息キャンペーンをやっているところ

以下、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

即日融資に対応しているところ

即日での借り入れを希望しているのであれば、この要素は絶対に必要になってくるでしょう。

大手消費者金融であればいずれも審査スピードを重視した即日融資に対応していますが、中小の消費者金融の場合には審査に時間がかかるところもあります。

もし大手以外の消費者金融に申し込む場合には即日融資に対応しているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

大手で信頼性のあるところ

中小の消費者金融は大手よりも審査に通りやすいというメリットがあります。しかし、その反面、信頼性という点ではやはり大手に大きく劣ってしまいます。

信頼性というのは具体的にいうと、企業の資本力であったり、知名度、会社の規模、サポート体制などを指しています。

大手消費者金融の多くは親会社としてメガバンクがバックアップしている場合がほとんどですので、資本力はかなり豊富です。そのため、返済計画などに対しても柔軟に対応してもらえる傾向にあります。

また、知名度やサポート体制などが充実している方が安心して利用できるでしょう。

お金を借りる契約というのは、個人情報や資産情報などの重要情報をすべて企業側に提供するわけですので、いくら急いでいるといっても管理体制のしっかりしている大手を選ぶ方が賢いといえます。

申し込みのしやすさ

即日融資に対応していたとしても、入力項目が多すぎたり、申し込みに際して提出する書類が多すぎるというような場合はおすすめできません。

これも大手であればいずれも分かりやすい申し込み画面と簡潔な手続きの身で申し込みができるので、大手から選ぶのが賢いといえるでしょう。

申し込みのしやすさについては、人それぞれ感じ方が違うので、実際に公式ページにアクセスをして申し込みしやすいと感じたところに申し込みをするのが良いと思います。

低金利や無利息キャンペーンをやっているところ

出来るだけ低金利でお金を借りたいと思うのはみんな同じですよね。それは『出来るだけ早く借りたい!』と思っている人でも同じだと思います。

最低金利と上限金利2つを確認することはもちろん、申し込みの際にはキャンペーン情報も確認するようにしてみてください。

大手消費者金融が近年大々的に行っているキャンペーンとしては、『無利息キャンペーン』というものがあります。これはその名の通り一定期間内であれば無利息でお金を借りることができるキャンペーンです。

この無利息キャンペーンを上手く利用することによって、非常に有利に借り入れをすることができる可能性があります。このキャンペーン内容も各社若干の違いがあるため、確認してみることが大切です。

大手消費者金融では少額での借り入れにも対応している

20万円や30万円など高額を借りたいという人がいる一方で、そんな大きなお金は必要ない!1万円とか2万円をいますぐ借りたい!という人もいるはずです。

大手消費者金融というと高額の借入をイメージする人が多いようですが、少額の借入ももちろん可能です。というより、金利が高めの消費者金融では少額の借入の方が向いているとすらいえます。

実際に大手消費者金融各社の最低借入額を一覧で見てみると以下のようになっています。

最低借入額
アイフル 特に指定なし
アイフル
(レディースローン「SuLaLi」)
特に指定なし
アコム 1万円
プロミス 特に指定なし
SMBCモビット 1万円

特になしというのは、1万円以下でもATMなどを利用して柔軟に借入することができるということです。

銀行や公共機関にもメリットはある!

ここまで消費者金融のメリットについて重点的に見てきましたが、もちろん銀行や公共機関からの借り入れにもメリットはあります。

銀行や公共機関が消費者金融よりも優っているポイントといえば、なんといっても金利です。銀行も公共機関も金利面では消費者金融よりも有利な条件で融資を受けることができます。公共機関によっては、ほぼ無金利で借り入れをすることができるところもあるため、コストパフォーマンスという点ではこちらを選択するのが圧倒的に賢いといえます。

ただし、前述している通り、銀行や公共機関はいずれも審査までに長い時間がかかります。審査基準も消費者金融より厳しい傾向にあり、金利がほぼゼロに等しい公共機関の融資制度などに至っては申し込み条件にそもそも当てはまらないという場合がほとんどです。このように、金利条件が有利になればなるほど、審査スピードや審査条件などの基準が高くなっていく傾向にあることがわかりますね。

このページをご覧の方の多くは、『なるべく早くキャッシングを利用したい!』という方だと思いますので、その点を考えると銀行や公共機関はおすすめとは言えません。どれだけ過去の履歴が綺麗で、年収などの基準が高い人であっても審査には時間がかかりますので、注意が必要です。

もし、『即日キャッシングはしたいけど、コスパも重視したい!』という場合には、消費者金融の審査と並行して銀行や公共機関の借り入れ制度も検討してみるといいでしょう。

ユーザーおすすめキャッシング会社ランキング

当サイト経由で実際にお金を借りたユーザーがおすすめする人気のキャッシング会社をランキング形式で紹介します。

借入先を考える際の参考にしてみてください。

プロミス

プロミスの特徴

国内大手消費者金融のなかでも低金利が特徴!特に少額を借り入れる場合にはもっとも安い金利で借りられる可能性あり。 初回利用日の翌日から30日間無利息などのキャンペーンも充実しており、初めて借りる人でも利用しやすいサービスが魅力。
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間融資

公式ページはこちら

アコム

アコムの特徴

審査完了まで最短30分や借入完了(振込完了)までに最短60分など、即日融資のサービスが充実。 このほかにも女性専用ダイヤルやクレジット機能付きカードローンなど、アコムにしかない独自のサービスも展開。
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間

公式ページはこちら

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴

セブン銀行との提携により、スマホから24時間365日借り入れ可能! WEB完結申し込みを利用すれば在籍確認などの面倒なステップを省略できるが、無利息サービスがないのが欠点。
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 10秒簡易審査可能
最短融資 最短即日

公式ページはこちら

お金を借りるなら知っておきたいお役立ちコンテンツ

テキスト テキスト テキスト
テキスト テキスト テキスト

更新日:

Copyright© マネリテ|安心の即日融資!おすすめキャッシング会社まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.