コラム

コンビニで出来る!便利なキャッシングのやり方を解説!

投稿日:

「これから2次会に行くけどちょっとお金が足りない」「限定品が今日売り切れてしまうかもしれないのに手持ちがない」「明日のカードの支払いにあと少し足りない」というようなことを経験したことがある人も結構多いのではないでしょうか?

少しで良いからお金を借りたいときなどは、銀行や消費者金融のカードローンにうまく頼ってみると素早く問題解決できます。

でも、もうすでに夜で銀行のATMは閉まっている、消費者金融のATMが近くにない、という場合はどこで助けてもらえばいいのでしょうか。

そんなときに強い味方になってくれるのがコンビニのATM。ここでは、近くのコンビニでキャッシングをする便利な方法やキャッシングが出来る会社などをご案内していきます。

誰でも出来る?便利なコンビニキャッシング

コンビニのATMはよく使っているけれど、そこでお金を借りることが出来ることを知っている、実際に借りたことがあるという意外と少ないようです。

最近では、銀行や消費者金融でお金を借りる際にはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップなど全国チェーンの大手コンビニエンスストアのATMを使うことで簡単に融資を受けることができます。さらには返済も行うことができるようになっているため、以前と比べるとキャッシングはとても身近な存在になりました。

多くの金融機関がコンビニATMと提携を結んでいるため、大手であればほとんどのところでコンビニATMが利用できます。ただ、いざ利用したいときになって使えなかったというのでは時間の無駄ですよね。そのため、事前に自分のカードがコンビニATMに対応しているかどうかを確認しておくことが大切といえるでしょう。

もしコンビニATM対応のカードを持っていないという場合には、いざという時にすぐ利用できるように事前に作っておくのもいいかもしれません。近年は大手消費者金融のほとんどが即日融資に対応しています。

ちなみに、クレジットカードもコンビニATMと提携を結んでおり、ATMを利用したキャッシングが使える場合もありますが、消費者金融のカードローンと比べると審査が遅く借入金額の上限も低めに設定されているため注意が必要です。

コンビニで実際にキャッシングを利用するには?

上記の通り、コンビニのATMでキャッシングを利用する場合には、まずお金を借り入れる先の会社を選んで申し込みをする必要があります。

ここで借入先の金融機関を選択するにあたって、銀行系、消費者金融、クレジットカード会社と大きく3つの選択肢が出てきます。どれを選ぶのかは人それぞれですが、各々の特徴を把握してもっとも自分に合っている金融機関からお金を借りるのがベストです。

簡単に特徴を書いておくと、銀行系、クレジットカード会社は申し込んでから1週間から2週間程度の時間がかかることが多いです。一方、消費者金融の場合には最短で当日中にカードの発行がされ、振込の場合には当日中の借入も可能になっています。

もちろん、銀行系と比べると消費者金融は金利が若干高めですが、少額の借入であればそこまで気にするほどの差でもないでしょう。

カードが発行されたらすぐに借り入れ可能

銀行でも消費者金融でも、カードさえ発行されればすぐにATMで借入を行うことができます。

例えば、大手消費者金融のひとつであるプロミスの場合、コンビニ系ATMでいうとセブン銀行とローソン銀行に提携があります。そのため、セブンイレブンやローソンなどのコンビニが家の近くにあれば、営業時間外であってもすぐにお金を借りることができるというわけです。

コンビニATMでの具体的な借り方は、カードを入れて画面に表示される手順に従っていけば難しいことはありません。イメージとしては、通常の銀行キャッシュカードを使って現金を引き出すときと同じような感じです。

コンビニATMでは100円前後の手数料がかかる場合が多いですが、それを考えても24時間利用できるというのはかなり大きなメリットといえるでしょう。

コンビニキャッシングのメリット・デメリット

コンビニのATMでお金を借りる時の最大のメリットと言えば、24時間いつでも自分の居る場所の近くで利用できるということです。銀行のATMが閉まっている時間帯でも、消費者金融のATMが近くにない場合でも、コンビニさえあればいつでも、日本全国どこでもキャッシングのサービスを受けることができます。

お金が必要になる状況というのはある日ある時急にやってくるものですので、夜中に急に入用になったり、旅先でのトラブルなどで必要になったりした場合もすぐに対応することができます。

また、コンビニのATMは誰でも利用するため、お金を借りていると周囲に気づかれることがないのもメリットのひとつといえるでしょう。

逆にデメリットらしいデメリットは特にないのですが、あえて言えばその手軽さと便利さが挙げられるかもしれません。裏を返せばこれは最大のメリットでもあるので矛盾しているように感じますが、気軽にお金を引き出すことが出来てしまうというのは人によってはかなり大きなデメリットになります。

実際、コンビニATMを使うことでとても手軽に借りれるあまり、借りているという感覚が薄れて多重債務状態に陥ってしまったという人も多いのです。上でも書きましたが、難しい作業は何も必要なく、銀行のキャッシュカードでATMからお金を引き出すのと作業自体は何も変わりありません。

そのため、いかにも自分の口座からお金を引き出しているかのような錯覚に陥ってしまい、自分の返済能力以上にお金を借りてしまう人が多いんです。すぐにお金を引き出せたとしてもそれは一時的に借りているお金ですので、衝動的に利用することはなるべく避けて、計画的に返済できる金額をしっかり把握しておく必要があります。

また、手数料もデメリットといえばデメリットですね。たかが108円~216円ですが、利用回数が多くなればなるほど手数料に消えていくお金は意外と多くなります。コンビニATMでの借り入れはとても便利ですが、平日の日中など消費者金融専用のATMを利用できる時間帯であれば積極的にそちらを利用するようにしたほうがいいでしょう。

コンビニATMが利用できる会社は?

コンビニの普及に伴って、多くの銀行や消費者金融がコンビニATMと提携を結んでいます。

しかし、コンビニATMが使えるのは基本的に大手だけです。消費者金融でも一般的に名前を聞いたことのある企業はコンビニATMを利用できますが、知名度の低い中小消費者金融は利用できないことが多いので注意が必要です。

以下、コンビニATMを利用してお金を借りられる金融機関をまとめておきます。

金融機関名
銀行系 みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友などのメガバンク
横浜銀行、福岡銀行などの地方銀行
楽天銀行、ジャパンネット銀行などのネット銀行
消費者金融系 プロミス、アイフル、アコム、レイクなど
信販会社 JCB、セゾン、ニコスなど

セブンイレブン、イオン、トヨタなど各企業や店舗が発行しているクレジット機能付きのカードでも、キャッシングが利用できます。手許にこれらのキャッシング機能付きクレジットカードを持っている場合は今すぐ利用できるので確認してみましょう。

ちなみに、コンビニATMで借り入れが出来る限度額は上限によらず50万円までという会社がほとんどです。少額の場合に利用すると位置づけておいた方がいいでしょう。
    

まとめ

日本全国24時間どこでも見つけることが出来るコンビニで、素早く融資を受けることが出来るのは、利用者としては本当に安心できるありがたいサービスです。

賢くお付き合いすればとても便利で心強いコンビニATMのキャッシングですが、だからこそ借り過ぎたり、いつ借りたのか、いくら借りたのかなどの管理がおろそかになってしまう危険性もあるもろ刃の剣です。

普段は銀行や消費者金融のATMを利用して、どうしてもの場合のみに利用すると決めておくなど、個々の意識が多重債務などの問題を起こさないためにとても重要です。

-コラム

Copyright© マネリテ|安心の即日融資!おすすめキャッシング会社まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.