コラム 基礎知識

どうしても30万円必要!急に必要になったときに即日でもお金をつくる方法

投稿日:

『ケガや病気で急に入院・治療費が必要になってしまった』

『車をぶつけてしまい修理費が必要になったが保険が下りるまでは時間がかかる』

『車は仕事用なのですぐにでも使いたい』

『身内の不幸で突然お葬式の費用を工面しなくてはならなくなった』

などなど、人間生きていれば生活の中のアクシデントや突発的な出来事で、当日すぐにお金が必要になることは誰にでもあります。それまで余裕をもった金額を貯蓄できているならば問題はないですが、各々事情も違いますのでそれがままならないことも大いにあるでしょう。

ここでは、そんなときに役立つ頼れる借り入れ場所や借り入れ方法を紹介します。

今すぐチェック!銀行orクレジットカードのキャッシング枠

銀行の口座やクレジットカードを新しく作るとき、申込書にキャッシング枠を希望するかどうかのチェック項目があります。何気なしにチェックを入れている方も多いのではないでしょうか。

このキャッシング機能の審査にあらかじめ通っていれば、手元にあるそれぞれのカードを使ってすぐにでも現金を引き出すことができます。どちらの場合も、口座の銀行やカード会社のATMだけではなく、コンビニのATMからも引き出せる場合がほとんどですので、改めて手続きなどに時間を取られることもありません。

契約書をお持ちの方はぜひ今ここで、それぞれのキャッシング機能と利用枠について、ご自身の契約内容を確認してみてください。

銀行orクレジットカードでキャッシングをする際の注意点

両方ともとても便利な機能ですが、より安全に安心して利用いただくための注意事項が4点ほどあります。

まずは限度額について。限度額は、申込時に審査で決まっていますのでそれ以上の金額を借りることはすぐにはできません。限度額が30万円に満たない場合は、融資の増枠の申込みをする必要があります。ただし、申込みをしてから決定までに2週間程度かかりますので、今ご自身がいくらまで借りることが出来るのか把握しておくと、いざというときでもある程度の対応が出来るでしょう。

2点目は暗証番号。銀行のキャッシュカードのキャッシング枠を使う場合、暗証番号は同じものですので特に問題はないですが、クレジットカードはサインやサインレスの利用が多く、暗証番号を覚えていないという方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。問い合わせにもまた日数がかかりますので、暗証番号の把握も思い立ったらすぐに備えておくべき項目の一つです。

3つ目は、金利の高さ。銀行やカード会社にもよりますが、キャッシングを利用する場合、多くの金利は18%ほどに高めに設定されています。限度枠があるからと不必要な分まで借りていると、後々に返す負担が大きくなります。なるべく金利の低いところを調べて選ぶようにしましょう。

最後は、クレジットカード枠の減額。これは盲点かもしれませんが、クレジットカードのキャッシング枠を使うと、クレジットの利用枠がそれだけ減ります。ですので、クレジットの利用状況によっては、30万円のキャッシング枠が設定されているにも関わらず満額借りられないということも普通に起こりえます。

もしくは買い物でカードを使おうとしたときに、キャッシングで多く利用していたためにカードが切れないという状況になることも考えられます。カード会社のサイトもしくは電話で、それぞれ現在利用できる額をチェックしておいた方がいいかもしれません。

スピード重視!消費者金融に相談

消費者金融と言うと、昔ついたイメージのせいで利用することに抵抗がある方もまだまだいらっしゃるかもしれません。

ただ、いざとなったら背に腹は代えられませんし、現在の消費者金融は大手銀行の傘下、もしくは提携などにより、サービスや接客においても銀行並みの対応を受けられますので、安心して利用できる存在になったと言えるのではないでしょうか。

その消費者金融の一番の強みと言えば、なんと言っても融資のスピード。午前のオープンから14時までの時間帯での申込みであれば、最短で30分の審査、銀行営業時間内での振り込みが可能です。

また、各会社の無人ATMでしたら21時までに申し込みをすれば、銀行営業時間外でもそのATMからお金を引き出すことができます。とにかくすぐにでも30万円を用意したいとなった場合は、まずは相談だけでもしてみる価値はあるでしょう。

すべての方が即日借りられるわけではない!?

では、すべての人がその日に確実に融資を受けられるかと言えば、そうではありません。

即日融資が確実に近いのは、企業の正社員や公務員など毎月安定した給与と生活が保障されている度合いの高い方。契約・派遣社員、パートやアルバイト、専業主婦となると、審査に時間がかかることも多分にあり得ますので、可能であれば余裕を持って申込みをすることをおすすめします。

ただし、安定した職業に付いている方でも、申込み時に必要な書類(免許証や保険証)や申込み内容の不備、またはウソなどがあれば、確認の電話があったり、在籍確認をされたりとそれだけ審査に時間を要します。緊急時であっても、申請は誠実に確実に行うことが大事です。

ただそうあったとしても、審査のスピードはどこよりも早いことは確かです。

金利に注意!

30万円ほどの低額の融資となると、その年間の利息は18%近くの高金利になる可能性があります。ほとんどの消費者金融のホームページで、返済のシミュレーションが出来ますので、1か月の収入で無理なく返せる範囲の金額かどうか、返し終わるまでにどれくらいの利息がかかるのかを確認されてみてください。

より金利の低い会社、一定期間無利息のサービスがある会社などを調べることも大切な作業です。いくつかボーナスや臨時の収入があった場合にある程度まとめて返済が出来るところもありますので、そういったところもチェックしておきましょう。

そもそも融資を受けられない人って!?

申込みをする前に、そもそも融資を受けられない可能性があることをご存知でしょうか?総量規制と言う法律のもと、年収の3分の1を超える借金をすることが現在ではできなくなっています。この法律の例外は銀行のみで、消費者金融はもちろんこの法律の順守を義務付けられています。

したがって、どんなに安定した職業でも、年収が高くともすでに他社からの借り入れがこれを超えているならば、30万円であってもたとえ1万円であったとしても、銀行以外から融資を受けることはできません。今現在、複数の借り入れがある方はこの点をまずは確認してみてください。

まとめ

お金に限らず、予期せぬことがあればパニックになることは人間として当然のことです。

それを加味して、やはり大事なことは普段からの準備。「備えあれば憂いなし」、「転ばぬ先の杖」、借金なんて対岸の火事なんて思わずに、こういった情報を常に仕入れておくことは、パニックを最小限に抑えるために必要なことではないでしょうか。

また、こういった方法や会社があるということを知っておくだけでも、日常を安心して過ごすこともできますし、そういったことに悩んでいる友人・知人の力になることもできるかもしれません。

お金と賢く付き合うために、自分には関係ないと思わずに今日ここで、ご自身の日常のお金の流れと潜在的に持っている融資額を改めて洗い出してみてはいかがでしょうか。

-コラム, 基礎知識

Copyright© マネリテ|安心の即日融資!おすすめキャッシング会社まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.