コラム

在籍確認なし(電話なし)で即日キャッシング可能な街金や消費者金融はある?

更新日:

急な入り用でまとまった現金が必要になった時など、手持ち分で足りない場合は街金や消費者金融から融資を受けようと考えられる方も多いと思います。

その際もっとも気になるのは、審査の段階で在籍確認はあるのか?ということです。

街金からお金を借りていることを知り合いや同僚に知られたくない、と思われる方はたくさんいますが、実際のところどれくらいの割合で在籍確認が行われているのでしょうか?

ここでは、在籍確認の実態と在籍確認をできる限り回避する方法について解説していきます。

ほとんどのケースで在籍確認が行われている

結論から言いますと、消費者金融や街金からお金を借りる際には、ほとんどの場合において在籍確認が行われています。

個人にお金を貸してくれる機関は、銀行系のカードローンや大手消費者金融、地元密着型の街金など数多くの種類がありますが、大抵の場合、申し込んだ方の勤めている会社に電話をするなどして、実際に本人が在籍しているかどうかの確認を行っています。お金を貸す側としては、申し込みの際に申告された内容が事実かどうか判断する必要があるわけですので当然といえば当然ですね。

記載された勤務先が実在していて、その会社に実際に申し込んだ方が在籍しているかどうか、これを調べるのに一番手っ取り早く確実な方法が電話連絡なのです。

当たり前の話ですが、全く収入がない無職の方にお金を貸し出しても回収できる見込みは極めて薄いです。貸金業者は慈善事業ではなく、貸したお金に金利を上乗せして返してもらうことを目的に運営されている会社ですので、審査を通過させる判断基準として、本人がどのような会社に勤めているのかというのは最も重要な情報の一つなのです。

そのため基本的には電話連絡を使った在籍確認が行われているわけです。

どうしてそんなに在籍確認が必要なの?

街金や消費者金融は、お客さんにお金を貸し出し一定期間後に回収することで利益を上げています。それゆえ融資先からお金が返ってこなければ、貸した金額ががまるまる損失となってしまいます。そのような事態を避けるために、金融業者は念入りに申込者の返済能力をチェックして、貸し倒れのリスクを最小限に抑えているのです。

未来のことは誰にもわかりませんから、何が起こるか、どんなアクシデントが発生するか予見することは容易ではありません。それでも、この人は安定した収入を毎月稼いでいるから、お金を貸してもきっと約束通りに返してくれるだろう。こういう期待を持って街金や消費者金融はあなたにお金を貸そうとします。

かつて金融機関がそれほど発達していなかった頃、人はまとまったお金を手に入れるために質屋を利用していました。質草という担保を元に融資を受けていたのです。

現代においてはモノではなく、その人そのものを信用するという形でお金を貸し出すことが多くなりました。信用が融資の担保になっているということですね。

そして申込者が信用に足る人物だということを判断するために、在籍確認が行われているのです。

在籍確認が行われるもうひとつの理由

在籍確認が行われるのは、お金を貸し出すにあたってその人が信用に足る人物か確認するためである、ということは理解していただけたかと思います。そしてそれと同時にもう一つ、在籍確認が行われる重要な理由があります。

おそらく皆さんも聞いたことがあるかと思いますが、「総量規制」という、貸金業法上の規制をクリアするためにどうしても在籍確認が必要になってくるのです。

総量規制は2010年の6月から始まった法律で、個人が借り入れすることができる上限金額が、本人の年収の1/3以下になるように定められたものです。総量規制を超えて貸付を行った会社には罰則が科されますので、貸付額の合計が申込者の年収の1/3を超えない範囲で融資を行うために、勤務先の情報が重要視されるのです。

消費者金融などの金融機関は、豊富なデータを蓄積しており、『この会社ならばこのくらいの年収』というようなデータをたくさん持っています。もちろん、数万円や数十万円単位の誤差を把握することはできませんが、過去に蓄積されたデータと照らし合わせて大幅にかけ離れている金額が申込内容に記載されている場合には慎重な審査が行われます。

在籍確認を回避する方法

これまでにも述べてきたように、いくつかの重要な理由から融資の際には必ずと言っていいほど在籍確認が行われています。

ただし在籍確認を回避する方法が全くないというわけではありません。

実は大手消費者金融のなかには在籍確認無しを明言している会社があります。それがSMBCモビットです。

モビットのWeb完結申し込みを利用した場合には、勤務先への在籍確認を一切なしに借入を行うことができます。在籍確認無しということを明言している消費者金融は2019年現在モビット以外にありませんので、とても貴重な存在といえます。

このほかにも、プロミスやアコムなどの大手消費者金融では在籍確認をしたとしても個人名で連絡をするため、在籍確認であると悟られないような仕組みをしっかりと構築しています。会社にばれたくない!と思っている人は多いので、この辺については消費者金融もとても慎重になっているようです。

また、在籍確認が行われる消費者金融であっても、人によっては在籍確認がされないこともあります。街金や消費者金融が行う融資は機械的に行われているのではなく、あくまで融資を行う担当者が「この人は信頼できる」と判断した上で審査の合否が決められますので、貸付に値すると証明できるものを用意することで、在籍確認を回避することも不可能ではありません。

個人個人の事情もあるでしょうから、借入を行う際担当者に事情を説明して交渉することで、在籍確認以外の審査の方法をとってもらうことも、場合によっては可能かもしれません。

源泉徴収票や直近の給与明細書の提示、しっかりとした身分証明ができればケースバイケースの対応をとってもらうことも考えられます。とにかく、まずは事情を誠実に説明して相談することが大切ですね。

-コラム

Copyright© マネリテ|安心の即日融資!おすすめキャッシング会社まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.