消費者金融

借りる前に知っておきたい!レイク180日無利息の罠

投稿日:

消費者金融のキャッシングやカードローンを初めて利用してみようと考えていらっしゃる方は多いと思います。
その際一番気になるのは、やはり金利がいくらかかるのかということでしょう。
いくつかの消費者金融が提供するカードローンでは、自分の会社でお金を借りてもらえるように、借入額の一部を一定期間無金利にするというサービスを行っていることがあります。
これらはうまく利用することで、返済金利を低く抑えることができる反面、何も知らずに申し込んでしまうと思わぬ落とし穴にはまってしまうことがありますので注意が必要です。

レイクの180日間無利息サービス

大手消費者金融は自社でお金を借りてもらおうと、それぞれ独自のサービスを展開しています。その代表例が一定期間の無金利サービスです。初回申込日から30日間は金利がタダになるといったものが一般的ですが、レイクでは何と180日間の無利息サービスを行っています。これは他の消費者金融にはあまり見られない大胆な謳い文句ですが、実際にはどの程度お得になるのでしょうか。詳細を見ていきましょう。
そもそもレイクは、新生フィナンシャルと言う消費者金融が展開しているキャッシング・カードローンのサービスですが、この会社の株主は新生銀行になります。東京証券取引所の1部に上場しているれっきとした大手銀行がバックについているということで、消費者が一方的に損をするようなおかしなサービスは行われていません。
それはこの180日間の無利息サービスにも当然当てはまります。しかしお得なキャンペーンを十分に享受するためにはいくつか知っておかなければならないことがあります。

無金利が始まるのは「契約日」の翌日から

まず前提として、このサービスは新生フィナンシャルのレイク(2018年4月1日より正式名称がレイクALSAになりました)に初めて申し込みをする方に限られます。
その際注意しなければならないのは、金利がタダになるのは「契約日」の翌日から180日間であり、借り入れ日からではありません。そのため予め申し込みだけしておいて実際にお金を借りるのが数ヶ月後という場合には、このサービスを十分に享受することができません。
できる限り借入日と申し込み日は間が開かないようにすることが望ましいでしょう。

無金利になるのは総融資額のうち5万円まで

180日間の無利息が適用されるのは、総借入額のうち5万円までとなります。
そのため例えば50万円の融資を受けたとしても、無利息になるのはそのうちの5万円分なので、残りの45万円に関しては通常通りの金利がかかってきます。
レイクの180日間の無利息サービスは、5万円前後の小額の借り入れを半年程度行った時に最も効力を発揮するということです。
180日以内であれば借入と返済を繰り返したとしても、借入総額のうち5万円分までは無金利の対象となります。

元本の返済は通常通り行わなくてはならない

返済金利が180日間無利息になるのはありがたい話ですが、当然毎月の返済日には一定額元本の返済を行わなければなりません。無料になるのはあくまでも元本にかかる利息であって、元本そのものを返さなくてもいいというわけではありませんので、その辺りは勘違いしないように注意しましょう。

一度でも延滞すればそれ以後は通常通りの利子が発生

レイクの180日間無利息サービスを受ける上で、一番注意すべきなのは返済日にお金を返せず、延滞をしてしまうことです。
毎月予定の期日までにまとまったお金を用意することはなかなか簡単なことではないと思いますが、たとえ1日でも返済予定日を超えてしまうとその時点から無利息サービスは受けられなくなってしまいます。180日経っていなかったとしても、延滞が発生した瞬間からそれ以後の利息無料サービスは停止されますので、180日もの無利息期間を十分に享受するためにも、毎月の返済予定日には必ず返済を行うように心がけましょう。

計画的な利用を心がけましょう

いかがでしたでしょうか。借入額のうち5万円分とはいえ約6ヶ月の間利息を支払わなくてもいいというのはとても魅力的です。しかし一歩間違えれば、このサービスを十分に受けることができずに結果としてあまり得をすることができないという罠が待っていますので、融資を受ける際には細かな条件をしっかりとチェックするようにしましょう。
レイクの180日間無利息サービスは、計画的な利用を心がければとても魅力的なキャンペーンですので、利用する際にはしっかりと返済計画を立てることが大事ですね。

-消費者金融

Copyright© マネリテ|安心の即日融資!おすすめキャッシング会社まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.